坐骨神経痛の治療で注意すること

こんにちは、西原です。

 

坐骨神経痛は治るのか。
についてお伝えしていきます。

 

そもそも、坐骨神経痛は状態であって
傷病名ではありません。

 

ちょっと細かくお伝えすると、
坐骨神経は人体でもっとも太く、長い末梢神経です。
腰のあたりから爪先まで伸びています。

 

この神経が痛みを感じれば坐骨神経痛と言われます。

 

もし、あなたが坐骨神経痛ですね、と診断されたら
「何が原因の坐骨神経痛ですか?」
と聞いてください。

 

答えれなかったら、ほかの病院や治療院に行きましょう。

今回はこのテーマです。

◆坐骨神経痛が発症する疾患名

◆坐骨神経痛の痛む場所

◆坐骨神経痛の治療方法

坐骨神経痛のセルフケア方法
 -軽度の治し方(軽い痛み・軽いシビレ)
-中度の治し方(強い痛み・シビレ)
-重度の治し方(立てない・寝れない・歩けない・マヒ)

上記を深堀して説明します。

◆坐骨神経痛が発症する疾患名

1.腰椎椎間板ヘルニア

2.腰部脊柱管狭窄症 

3.変形性腰椎症 

4.腰椎分離症やすべり症

5.梨状筋(りじょうきん)症候群

6.外傷による圧迫

7.帯状疱疹

8.カリエス

9.脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍といった腫瘍

10.糖尿病

11.アルコール依存症・喫煙・ストレスなど

 

と、項目は多いですが、
重要なポイントをお伝えします。

1~4が原因ですと中枢神経が関係してきますので
マヒ症状排尿障害排便障害触られてもわからない状態)になり手術適応です。

マヒ症状が出ていないにもかかわらず、
1~4のいずれかが原因で「坐骨神経痛ですね」と診断され
治療方法が腰のマッサージや鎮痛薬、電気治療・ローラーやウォーターベッドなどであれば、一人でストレッチしていた方が早く治ります。

早めに他の治療院に行きましょう。

5.梨状筋症候群が原因で「坐骨神経痛ですね」と診断された場合

この梨状筋症候群が1番多いと言われ約80%を占めます。
実際に私も梨状筋が絡んでいることが多いと思いますが
注意するべき事があるので少し掘り下げます。

大前提として
神経というのは、圧迫だけではシビレない

神経は圧迫+αが必要で
この+αはけん引軽微な損傷だったりします。

軽微な損傷であれば2~3か月で改善します。
※これが原因の場合は6.外傷による圧迫によることが多いため、
ケガした後に症状が出た場合はコレかもしれません。
2~3か月と言っていますが、拗らせる場合もあるので治療院へ行きましょう。

 

注意すべきは圧迫神経のけん引です。

 

坐骨神経痛に限らずシビレを治す上で知らなければならないのは
◆圧迫している筋肉は何なのか?
◆圧迫している筋肉はなぜ、硬くなり圧迫しているのか(原因の原因)

筋肉は勝手に圧迫したり硬くなったりしません。
何種類かの筋肉によって負担がかかり硬くなります。

検査をして原因を取り除きましょう。
原因を見つける考え方←別の記事に飛びます。

 

シビレけん引が原因と言われても分かりにくいので
まず体感してみましょう。

 

 

疑似的に軽いシビレを体感できたと思います。

つまり、坐骨神経痛は
神経が引っ張られてシビレ状態が続いています
この引っ張っている原因を見つけ取り除く

 

坐骨神経痛の痛み・シビレの治療法として
この原因を見つけるやり方が合理的なものになります。

 

◆坐骨神経痛の痛む場所

上の図のように範囲は広いです。
坐骨神経そのものが太く長いですからね。

痛みシビレが出る範囲も大きくなります。

 

痛み方としては、
じっとしている時歩いている時寝ている時立ちや座りで動作をする時寝返り起き上がり階段の上り下りなど、痛み方は多岐にわたります。

 

動作をする際、坐骨神経を通る筋肉を使いますからね。
そりゃ痛いです。

 

坐骨神経痛をこじらせる前にしっかり治しましょう。

◆坐骨神経痛の治療方法

坐骨神経痛は
温めるのか冷やすのか悩んでいる方も多いですね。

 

答え
日常的には温め
頑張りすぎてしんどい日は冷やす

 

日常的な温めは治療院に行く際は、
あまり必要ありません。
あくまで、ご自宅でのケアです。

 

治療院での治療方法で大切なのは
少し前述しましたが、原因が大切です。
やみくもにこの症状が出ているところを
マッサージするのはよくありません。

 

なぜ、やみくもにマッサージする事がよくないのか
深堀していきましょう。

この3つの考えが大切です。

痛いところ弱っている

痛みを感じているところ炎症している

元気なところをマッサージすると緩みすぎて、弱っているところに負担がかかる

 

つまり、治すにあたって原因が非常に大切です。

なぜ、負担がかかっているのか
なぜ、痛めたのか・弱っているのか
なぜ、自然治癒力では対応できなくなっているのか

当院の治療に対しての考え方←他の記事に飛びます。

あなたを治療している治療院はどこまで診ていますか?

皮膚・筋肉・筋膜・関節・内臓など
何が原因であなたを困らせているのか

症状は軽減していっているのか

大切なので、しっかり考えましょう。

 

◆坐骨神経痛のセルフケア方法

 

結論:
ストレッチや筋トレは色々ありますが、
一番はこれです。
姿勢を意識すること

 

ここでは軽度・中度の方に対してセルフケアをお伝えします。
※重度の方は大急ぎで病院です。

 

では、ケア方法のご紹介です。
前述したように正しい姿勢は大切です。

正しい姿勢とは、
体の軸が取れて、体の力が抜けている状態

人間の背骨のカーブは生まれつき猫背の人もいれば、真っすぐの人もいます。
それは骨の形が違うので、残念ながら治せませんし、
姿勢は骨格によって違うので、他の人と比べてもいけません。

猫背の人は猫背の人なりの、反り腰の人は反り腰の人なりの
体の軸があるので、その軸を意識することが非常に大切です。

 

立ち姿勢でも、座り姿勢でも
共通したポイントがあるのでご紹介します。

それは、
空と頭のてっぺんが一本の紐でつながっているイメージ
です。

この意識で日常の姿勢を保ち
自分の理想的な姿勢を見つけましょう。

 

 

 


初回で効果を実感!リピート率97%の整体

初回施術費が1日先着2名様限定 1,980円

4/30までの限定案内!

lINEでのご予約でも初回割引中!

ご来院お待ちしております!

整体院心華

〒870-0156
大分県大分市高城新町14−27-406

tel.097-547-7813

ご予約お電話: 9時〜21時(不定休)

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

受付時間
9:00〜21:00

患者様の喜びの声

よくある質問 FAQ

症状別 院長コラム

インフォメーション

営業時間
月~日曜 9時〜21時
定休日
不定休
※お電話にてご確認ください。
所在地
〒870-0156
大分県大分市高城新町14−27-406
代表者
西原 康博