腰の狭窄症 症状から治療法まで

こんにちは、西原です。
今回は腰の狭窄症
腰部脊柱管狭窄症について解説していきます。

知識をつけて全力で
狭窄症を治療しましょう。

 

結論:
脊柱管狭窄症であっても
原因を治療すれば治ります。
原因を治療しなければ再発症状残存します。手術は最後の手段ですが、
末期症状が出ている場合は
即病院で手術をしましょう。

 

今回のテーマ

1.腰部脊柱管狭窄症とは
2.狭窄症の症状
3.病院での治療法
4.手術方法と注意する点
5.整体での治療方法

 

では深堀していきます。

1.腰部脊柱管狭窄症とは~原因

主に腰の神経、
馬尾神経神経根という神経の通り道が狭くなる状態
原因は様々ですが、多くは加齢に伴う変化によるもので、退行変性と言われます。

他には、椎間板の膨隆や、椎間関節にできた骨棘(骨が棘状に変性したもの)などが神経の通り道を狭くすることがあります。

また、腰のすべり症は、腰の骨がずれ神経の通り道が狭くなり、
腰部脊柱管狭窄症となる場合もあります。

 

要約すると
腰部脊柱管狭窄症は
加齢(退行変性)(骨の変性)
すべり症(骨のずれ)
などによって神経の通り道が狭くなること。

 

神経の通り道が狭くなったら狭窄症と診断
並行してすべり症ヘルニアなんかも一緒に言われる場合もあります。

診断方法(検査方法)は
レントゲン・MRI・CT検査や脊髄造影検査

狭窄症のタイプ馬尾と神経根
馬尾型両側に痛みやシビレが出ることが多い

神経根型片方に痛みやシビレが出ることが多い

2.狭窄症の症状

初期症状:
太ももからふくらはぎ・すねに
軽度なシビレや痛みで日常生活には問題ありません

中度症状:
太ももからふくらはぎ・すねに
歩行時にシビレや痛みが強く休むと楽になる

重度症状:
立っているだけで、
シビレや痛みが強く出現し
しゃがみ前かがみで楽になる

末期症状:
シビレや痛み・脱力感感覚マヒが出現
歩行するだけで尿意を催す。
排尿障害排便障害にもなる

末期症状は病院へ行きましょう。

 

初期症状時では
痛みやシビレが出てきたり消失したり
調子いい日、悪い日と判断しがちですが、
初期であっても、早めに整体院で負担がかかっているところを
改善することがベターです。

 

 

3.病院での治療法

【お薬】痛み止めが一般的ですが、
病院によっては血流をよくさせるお薬を処方する所もあるようです。

【理学療法】温熱・ストレッチ・マッサージ・電気
基本的に、血流を上げるのが目的のようです。

【注射】ブロック注射
聞くだけでも痛くなりそうなブロック注射・・・
痛み止めを直接打つので効果は高いと思います。
血流を上げる効果もあるようです。

 

手術以外の治療方法では
血流を上げる治療方法が中心

 

【手術】大きく分けて除去法固定法という2つのパターン
手術をしても痛みが軽減しない場合・再発する場合があります。

よく言われているのが

2対6対2

2割は完治

6割は症状が残存

2割は悪化(手術は成功しても症状が悪化を含む)

 

4.手術方法と注意する点

基本的には手術はしない方が良いです。
最後の最後の手段です。

ただし、末期症状の方
手術をお勧めします。

症状が残ったとしても、
手術をお勧めします。
それから整体院を探しましょう。

狭窄症の手術は「圧迫をとる」考え方です。
骨を削る靭帯を切除する椎弓切除をはじめとする
開窓術低侵襲手術後側固定後方椎体間固定という手術法
などがありますが再発が多く腰痛も残るそうです。

手術は最後の手段です。

 

5.整体での治療方法

 

狭窄している原因は何なのか

1 股関節痛をお持ちの方で、狭窄症を併発されている方の割合はおよそ80%

2 膝関節痛をお持ちの方で、狭窄症を併発されている方の割合はおよそ54%

つまり、膝・股関節痛の方が、
脊柱管狭窄症といった腰痛を持っています。

脊柱管狭窄症の病院治療は
血流を上げることに注視し完全ではなく
手術では狭窄してしまった結果の負担除去をしています。

病院治療では、
椎間板ヘルニアの治療
その他変形性腰椎症の治療
に変化がありません。
だいたい同じ治療内容。。。

また、脊柱管狭窄症の治療をせず、
脊柱管狭窄症が進行し、
手術しかない状況になった方が多いのも事実です。

重要なのは狭窄症の治療
腰痛股関節痛ひざ痛分類すること

整体院(当院)では何がどのように作用して
負担がかかり痛みシビレが発症しているのか
原因を追うことが重要です。

原因の考え方←他の記事に飛びます。

 

例えば猫背の方

猫背は基本的に姿勢のバランスを取ろうと
反り腰になります。

反り腰は腰椎を圧迫しますよね
この反り腰が悪化すると狭窄症になります。

狭窄症はあくまで結果原因は猫背です。

では、猫背の原因は何でしょうか?
座り姿勢?筋力不足?スマホ?パソコン?

性別や年齢だけでなく日常生活が様々なので
猫背の原因も様々です。

結果、狭窄症になったとしても
原因を取り除かなければ
同じ結果(狭窄症)を繰り返します

 

目的が狭窄症の除去ではなく

 

痛みやシビレの改善
日常生活が普通に行うことが目的であれば

今の治療法が正しいのか
改めて考えましょう。

 

 

当院が気になって
治療してみたい方はご予約下さい。

お問合せ←問合せページに飛びます。

お電話
097-547-7813


初回で効果を実感!リピート率97%の整体

初回施術費が1日先着2名様限定 1,980円

4/30までの限定案内!

lINEでのご予約でも初回割引中!

ご来院お待ちしております!

整体院心華

〒870-0156
大分県大分市高城新町14−27-406

tel.097-547-7813

ご予約お電話: 9時〜21時(不定休)

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

受付時間
9:00〜21:00

患者様の喜びの声

よくある質問 FAQ

症状別 院長コラム

インフォメーション

営業時間
月~日曜 9時〜21時
定休日
不定休
※お電話にてご確認ください。
所在地
〒870-0156
大分県大分市高城新町14−27-406
代表者
西原 康博